国際平和巡礼トップへ イベント&最新情報 オーストラリアの日程 日本の日程 呼びかけ文 賛同のメッセージ
ご協力ください みんなの手形募集! リンク集 日記&BBS よくある質問です お問い合わせ





オーストラリアの北部には、先住民(英称アボリジニ)が何万年も昔から物語を描いてきた岩のキャンバスがあちこちに点在しています。
「描く」ことを使命として育てられる人々は、大自然を背景に先祖の物語の上へ自らの生きてきた証を重ね、後世に智恵や歴史を伝えてきました。
そこには、狩をする姿や儀式の様子、そして白い人びと(ヨーロッパ人)の到来など実に様々な生活や精神世界が描かれていますが、特にはっきりと人間の存在が現れるのが手形が残る洞穴です。
これは新しく子供が生まれると、ある洞穴に顔料で手形を残す地元先住民の伝統で、その子供が一定の年令に達したときに再びその洞穴を訪れいのちと大地のつながりを伝えられます。

手形は人間と大地とを結ぶいわばへその緒のような役割として、また同時に大地を守り、歴史をつないできた先祖とのつながりとして大切にされているのです。
その手形の一つ一つはヒトがその大地を理解し、伝統を守り、慎ましく生きてきたメッセージとして今も地元の文化や伝統の中に根付き、いわば伝統を教える教材のように人びとはここを訪れ、語り継いでいます。

大地を守り、平和に生きていく、その事を後世に伝えたい…

私たち「国際平和巡礼〜核のない未来への祈りの行進2003-2004」も、今年12月に始まる9ヶ月の平和巡礼を通して、大きさも形もさまざま、そして色とりどりの手形を集めようと呼びかけています!

この手形は、この核の時代に生きる私たちから未来の子どもたちへ託すメッセージです。
ご家族やお友達を誘い合って、たくさんの手形を集めましょう!


用意するものは、50cm×50cmの白い布。
これはハンカチやシーツの切れ端、余った布きれなど材質は自由ですが、手形が写りやすいものがベストです。
そして絵の具や顔料など、メッセージと名前を書き入れるためのマジック、糸、紐などで自由に飾りつけて国際巡礼事務局へお送りください。

手形には、必ず氏名・年令・住所・その他の連絡先を書いた紙を同封してください。
匿名をご希望の方は、その旨書いていただければ幸いです。












国際平和巡礼トップへ イベント&最新情報 オーストラリアの日程 日本の日程 呼びかけ文 賛同のメッセージ
ご協力ください みんなの手形募集! リンク集 日記&BBS よくある質問です お問い合わせ