国際平和巡礼トップへ イベント&最新情報 オーストラリアの日程 日本の日程 呼びかけ文 賛同のメッセージ
ご協力ください みんなの手形募集! リンク集 日記&BBS よくある質問です お問い合わせ



核時代の夜明け

広島市・長崎市へ落とされた原子爆弾は、一瞬にして何万人もの尊い生命を奪い、核の時代への扉を大きく開く事になりました。これまでの60年間でも原爆や核実験により、チェルノブイリやスリーマイルの原子力発電所での大事故や、第五福竜丸の被曝、その他にも数多くの事故で絶え間なく犠牲を出し続けているにも関わらず、世界はいまだ原子力の技術向上にしのぎを削っているのです。世界各地のウラン鉱山で、核兵器工場で、原子力発電所で、土も人々も放射能を浴びて苦しんでいるのに、わたし達はどこまでこの道を突き進むのでしょう。


この行進は一歩一歩に感謝の祈りを込めて、ウランを掘っているオーストラリアからそれを燃料として使う日本へ向けて、およそ5000KMの道のりを歩きます。
核に関わる現場を通りながら現在の地球のありさまを学び、人々との出会いの中で新しい道を探る行進です。



ウランの輸出量で世界トップクラスのオーストラリア

この巡礼の出発地オーストラリアは、世界のウラニウム埋蔵量のうち約3割をかかえ、世界一のウラン輸出国として原子力産業の発展に大きく貢献しています。年間輸出量1万トンのうち、3000トンは日本へ、更に3000トンはアメリカへ向けて毎年輸出されます。海外で増えつづける需要に対してオーストラリア政府は、次々にウラニウム鉱山や核廃棄物処理場の計画を推し進め、これに反対する市民や先住民の団体は、この現状を知ってもらおうと懸命に情報を発信しています。また、自然にやさしく生命を脅かさない選択をしようと、自然エネルギーを使った電力への関心が高まり、政府の技術開発への協力が強く訴えられています。


平和な未来への一歩を!

未来に生命あふれる地球を残そう

ウラニウムに始まる原子力産業から離れ、核も戦争も暴力も無い平和な未来へ



国際平和巡礼は、そんな願いを持って世界中から集まっ仲間達が、およそ9ヶ月かけてオーストラリアと日本を歩きます。毎日の地元との交流会では、文化交流や自然エネルギーについての紹介や学習、そして非暴力と不殺生「殺さない・殺されない・殺させない」の考え方を話し合います。


現在も原子力産業の発展の陰で苦しむ人々や地域に焦点を当て、各地での報告と一日も早い解決のためにネットワークを広げます。



国際平和巡礼トップへ イベント&最新情報 オーストラリアの日程 日本の日程 呼びかけ文 賛同のメッセージ
ご協力ください みんなの手形募集! リンク集 日記&BBS よくある質問です お問い合わせ